いびきの治し方は睡眠時の口呼吸と横向き?枕の高さや肥満の改善の重要性とは

あなたは睡眠時にいびきがうるさいと言われた経験があるだろうか。

もちろん、いびきは周りの人に迷惑をかけてしまうため、
それを理由に改善したいと考える方も多いが、

実はいびきをかいている当人にも
睡眠の質を悪くする悪影響を及ぼしているのだ。

そこで、ここではいびきの治し方として横向きで寝る方法や
口呼吸の重要性、肥満、枕の高さについてご紹介していき、
いびきの改善に役立てばと思う。

スポンサードリンク





いびきの治し方は横向きで寝るのが効果的?

いびきの治し方を調べると、
横向きで寝ると効果があるといった情報が見られる。

これは理にかなった情報で、
例えば仰向けで寝てしまうと、舌が下がることで気道が圧迫され、
それによっていびきをかいてしまっているのだ。

しかし、横向きに寝ることで気道が圧迫されることがなく、
しっかりと確保されるため、通常の呼吸音と同じになり、
いびきは発生しなくなるというメカニズムである。

枕の高さも重要

いびきを治すために横向きで寝れば良いと説明したが、
もし、今使用している枕があなたに合っていない場合、
肩こりや首こりの原因となってしまい、起床時に体に怠さが残ってしまう恐れがある。

なので、これを防ぐために横向きの場合の枕の高さの理想は
横向きになった際に頸椎と床が平行になるのが理想的な高さとなっている。

いびきは鼻呼吸の意識も効果的

また、いびきをかく方は普段の生活で
主に口呼吸をしている方に多いとされている。

実は口呼吸はあまり良い呼吸法ではなく、
その例として、サルの鼻の穴を塞ぎ、口呼吸のみで生活させた実験では
歯並びが極端に悪くなったという結果が出たほどだ。

さらに、口呼吸は口臭の原因の一つになるとされていることや
外からの細菌が入りやすいなど、良い効果がない。

そして、いびきも口呼吸によって発生していることから、
口呼吸が癖になっている方に起きやすいのである。

なので、普段の生活で口呼吸の方は
鼻呼吸をするように意識を変えることもいびきを改善するうえで重要となってくる。

なぜ、いびきを治さないといけないのか

いびきの治し方はテレビなどでもたまに目にするが、
例えば、一人暮らしの方の場合、自分がいびきをかいていたとしても
迷惑をかける相手がいないため、それほど問題ないと思ってしまうのが普通だろう。

しかし、いびきは睡眠の質を下げることがわかっている。

上記でも説明した通り、いびきは気道が圧迫されることによって発生するため、
呼吸をするだけで体に負担がかかっている状態なのだ。

人間は寝ている間に平均すると約4,000回ほど呼吸をしているため、
そのほとんどでいびきをかいていたと考えると、
体がしっかりと休息できていないどころか、
むしろ、疲れてしまうことも考えられなくもない。

また、いびきをかく方の多くは睡眠時無呼吸症候群を発症している場合がほとんどだ。

睡眠時無呼吸症候群は寝ている間に呼吸が止まってしまうことで、
その間は脳は寝ていても体は覚醒状態へと切り替わってしまうため、
満足に睡眠時間をとっていたとしても、一日中眠気が続いてしまったりしてしまう。

睡眠時無呼吸症候群を発症しやすい方の特徴は

  • 肥満体系である
  • 顎が小さい、もしくは狭い

となっているため、該当する方は注意してほしい。

また、肥満体型の方はいびきをかきやすいため、
運動をするなど体質の改善も検討した方が良い。

いびきを改善するには横向き専用枕が人気

いびきの治し方として口呼吸から鼻呼吸に変え、
肥満体型の方は運動をするなどとご紹介したが、

いびきを改善するのにメディアでも紹介され、
今話題となっているのが横向き専用枕である。
【YOKONE2】



この枕は最初にご紹介した横向きになった際の高さや
重心がまっすぐになるように作られているため、
横向きで寝ても負担が無い枕なのだ。

さらに、枕の硬さはハードタイプとソフトタイプの2種類があるのだが、
最初に購入される方はハードタイプを選択し、
女性や自分はソフトタイプの枕じゃないとぐっすり寝られないとわかっている方は
ソフトタイプをオススメする。

家族のいびきがうるさいと悩んでいる方は睡眠の質を考えると、
いびきを改善した方が良いため、プレゼントされたり、
一人暮らしの方でも旅行先などで
友人などと同じ部屋に泊まることになった際などに重宝されているようだ。

睡眠の質が上がれば、今より短い睡眠時間でも活動的になれたり、
作業の効率も捗るため、

睡眠の質を下げる大きな原因となっているいびきを対処すると、
今後さらに良い人生が送れるかもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする