わんわん動物園(岡崎市)が虐待はデマ!ツイッターで炎上して口コミがヤバい

わんわん動物園(岡崎市)が虐待はデマ!ツイッターで炎上して口コミがヤバい

愛知県岡崎市にある「わんわん動物園」が動物に虐待しているという内容のツイッターが拡散され、大きな話題となっています。

ただ、画像に写っている犬はもともと痩せ型の犬種であるため、デマであることが判明しているのですが、

わんわん動物園の口コミが大きく荒れてしまっています。

こうしたデマを流したアカウントや元ツイの内容などについてご紹介していきます。







わんわん動物園が虐待していると言うデマが拡散される

まず、わんわん動物園が虐待していると指摘したツイートは以下になります。
わんわん動物園が虐待していると言うデマが拡散される

岡崎のわんわん動物園
ガリガリ、ボサボサの犬ばっかり
生きてるのかわからないくらい。
あのCMとは別世界過ぎて…
可哀想過ぎて直視出来なかった
スタッフ?の態度も犬に対して悪過ぎ…
言う事聞かないのはそれだけ面倒見てないって事でしょ
管理出来ないって程の数の犬いなかったよ?

ただ、この写真に写っている犬がガリガリなのは、スタッフの方が餌をあげていないからではなく、

もともとガリガリで食べても太らないサルーキという犬種であるため、痩せていることがわかっています。
わんわん動物園が虐待していると言うデマが拡散される
確かに上記の別のサルーキの画像を見ても、痩せ型となっていますが、これが健康体なのです。

そのため、ガリガリなどの理由でわんわん動物園のスタッフが犬に虐待をしているというのは大きな間違いですし、

リツイート数は1万を超えていることから数万人以上の人にこの情報が流れたため、このようなデマ情報が多くの人に拡散されてしまったのです。







デマ情報を流したアカウントや発信者は誰?

このようなデマ情報を流したツイッターアカウントは

aoi79259265というアカウントですが、現在はアカウントが削除されています。

ただ、ツイッター開設日が2019年4月と最近ですし、ツイートもほとんどしていない中で、わんわん動物園に対するツイートを突然していることを考えると、

デマを拡散するイタズラ目的で作られたアカウントの可能性が高そうですね。







わんわん動物園の口コミがヤバい

このようなツイートを受けて、従業員が虐待していると信じ込んだ一部の人が口コミに低評価を付けており、

わんわん動物園のイメージに大きな悪影響を与えています。
わんわん動物園の口コミがヤバい

わんわん動物園の口コミがヤバい

わんわん動物園の口コミがヤバい
ただ、何度も言っている通り、わんわん動物園の従業員が動物に虐待しているというのは投稿主の勘違いか、

デマを拡散させるというイタズラ目的で行われたツイートです。

しかし、今回のようにデマだということが判明しても、最初にこの情報を見た全ての人に「実はデマだった」という情報が伝わるわけではありませんし、

わんわん動物園は今回のツイートでかなりの損害を負った可能性が考えられると思うと、本当に可哀想だなと感じます。







投稿主は最悪逮捕の可能性も?

投稿主は現在アカウントを削除していますが、ツイッター社には投稿主の情報がある程度の期間で残されています。

そのため、わんわん動物園側がツイッター社に発信者情報の開示請求をして、それが認められれば、

投稿主の情報を割り出して、訴えを起こすことが可能です。

今回、投稿主が間違って情報を発信してしまったのであれば多少同情の余地もあるのかなと思いますが、

ツイートをしたアカウントが捨て垢の可能性が高いことや、謝罪もせずにアカウントを削除したことを考えると、

イタズラ目的で意図的に誤解を与えるためにツイートしたのではないかと思われます。







ネットの声


一つのツイートがきっかけで真面目に運営している動物園がここまでの騒動になってしまうのを考えると、

発信する方ももちろんですが、拡散する方もしっかりと情報を確認してからリツイートをするなど心掛けるようにしたいですね。